病理学的解析(所見、診断、写真撮影、画像解析、ディスカッション)

HE染色から特殊染色標本、並びに免疫染色標本や硬組織非脱灰標本を用い、経験豊富な専門の鏡検者が様々な診断・評価を実施しております。

さらに、画像解析装置を用いた細胞数、組織面積の計測などの定量評価、診断コンサルタントも実施しております。 診断・評価は信用と信頼を目指した試験報告書を作成致します。

お気軽にお問合せ下さい!

エラスチカワンギーソン(EVG)染色による
血管内膜の計測
内弾性板を染めることにより計測を行う。
ピクロシリウスレッド染色で、膠原線維の赤色と
それ以外の部分を画像処理して解析を行います。
 
サフラニンO染色:関節軟骨の高さ、あるいは
軟骨の染色濃度を解析する(黒矢印)。
 

受託試験のご依頼は、以下の依頼書にご記入の上お申し込みください。

検体送付先: 〒190-1222 東京都瑞穂町箱根ヶ崎東松原2-1
  Tel:042-556-3822  Fax:042-513-9522
  病理・解析センター宛